タンスで眠っている着物、買取に出せる?

着物買取の店はいくつもあります。

一般のリサイクル店や古着買取店などでは着物の買取を行わないところが多いのですが、だからといって古い着物の買取を諦める必要はありません。長い伝統を持つ店から新しい店に至るまで着物買取の店は存在し、初めて着物を売る人でも気軽に利用することができます。
着物の買取方法には店頭買取、宅配買取、出張買取の三つがあるので、まず自分が選びたい買取法を用いている業者を選ぶことから始めると良いでしょう。また、それぞれの店で特に買取に力を入れている着物が違う可能性があるので、自分が売りたい着物の条件を良く考えて選ぶことも大切です。さらに宅配買取の場合は、送料などについてもしっかりとチェックしてから利用した方が良いでしょう。

遺品整理として着物を売る場合にはこのような注意点があります。

遺品整理として着物の買取を依頼しようとする人も多いでしょうが、その場合に特に注意すべきことはその着物に査定がつかなかったときにどうするかということです。その場合は返送してもらうのか、あるいは可能であれば業者に引き取ってもらいたいのか、などのことを良く考えてから業者選びをすることが望まれます。
また和装小物なども対象にする業者も多いので、着物だけでなくそれ以外の小物類についても売る場合は業者の方針などをよくチェックしておくべきです。遺された着物を手放す場合、遺品整理業者に依頼することも一つの方法ですが、着物の買取店で故人の着物がまた別の形で活かされるとすれば亡き人も喜んでくれるかもしれません。そのあたりのことも良く考えて、遺品の着物の整理に向き合うことをお勧めします。